2008/01/27

体験版 使用期間・・・

ドキュワークス(DocuWorks)とは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、ドキュワークス文書からPDF・JPEGの作成も可能である。

スキャニングして電子化しても、イメージデータのままではテキストデータを活用できません。ドキュワークスなら、スキャニングしたイメージデータをOCR処理し、文字データを読み取りテキストデータとして利用できます。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス文書内のOCR & 検索がある。紙文書をスキャニングで作成したドキュワークス文書は、内蔵のドキュワークスのOCR機能により、文字情報を添加することが可能である。ページ全体はもちろん指定した範囲のみのOCR処理も出来るのである。そして、OCR処理したドキュワークス文書から文字情報をコピーし、ほかのアプリケーションで利用することも出来ます。また、スキャナーからの取り込み時に自動的にOCR機能を起動させたり、そのOCR結果をインフォビューに表示して、もとのドキュワークス文書を参照しながらOCR処理結果の修正を行なうことも簡単に出来ます。
ドキュワークスの機能は、検索機能が充実している。文書名・日付での検索に加え、ドキュワークス文書内の文字列でも検索が可能である。アプリケーションデータを変換して作成したドキュワークス文書だけでなく、スキャニングしたドキュワークス文書もOCR処理によってテキストデータに出来ることにより、ドキュワークス文書内の文字列が検索対象になる。さらに、ドキュワークス文書だけでなくドキュワークス上のPDFファイルも全文検索できますので、ドキュワークス上でドキュワークス文書とPDF文書の一括検索が可能になりました。
ドキュワークスでは、用途に合わせたセキュリティを行える機能が豊富にあります。電子証明書/電子印鑑による電子署名をすることにより、本人が承認した事実を確保される。そのことで、ネットワーク上でのドキュワークス文書(電子文書)のやり取りが可能となります。電子署名は、署名本人の証明情報を入手し、署名を確認して署名が正しいことや、署名後にドキュワークス文書に改ざんがないか確認することが可能です。そして、複数の署名の場合、承認した順を分かるだけでなく、各人が署名した前後のドキュワークス文書を復元出来るので、承認者がどのような内容のドキュワークス文書に署名したかを確認することが可能なのである。
ドキュワークスは、文書管理ソフトです。文書管理する上で、電子文書にするという考えがありますが、その電子文書にした管理でドキュワークスと言うのは、すばらしい機能が多数紹介してきたと思います。これからは、紙文書の時代ではなく電子文書の時代になってくるのです。ネットワークで管理され、スムーズな決裁等々迅速化こそが、インターネット時代の最たる機能なのです。
ドキュワークスの購入価格・購入場所を気にしている人が沢山います。「富士ゼロックスのドキュワークス」と言うのは分かります。富士ゼロックスのドキュワークスであるから「富士ゼロックス」に行けば購入できるかと言うと、購入できないでしょう。富士ゼロックス本社にお店はないでしょうからね。ドキュワークスは量販店に、売っています。そして、ポイントも付きますので 富士ゼロックスのホームページに記載されている15,200円よりは安く購入することが出来ると思います。


それでは、ドキュワークスViewer Light 6.2.2 をダウンロードしてみよう。
ダウンロード先は、富士ゼロックスのドキュワークスのHPに行き、ドキュワークスViewer Light 6.2.2をダウンロードして下さい。ドキュワークスViewer Light 6.2.2を、インストールするとドキュワークス文書を閲覧することが出来ます。ドキュワークス文書を見ると、ドキュワークスがどのようなものなのかの参考にはなると思います。 RSS関連リンク ドキュワークス 使用例 ドキュワークス(DocuWorks)とは、発売されてからの累計出荷数が200万ライセンスを越える文書管理ソフトである。ドキュワークスは、文書管理ソフトとしての地位を確立してきている。 またAdobe Acrobatに比べ紙を扱う感覚で操作できる点や、作成したデータのファイル容量が軽いのが特徴である。紙文書は、コメントを入れて、マーカーを引いて、付箋を貼るなど 直接書き込めることがいいところです。電子文書にはそれが出来ないの
2008/01/27

ビジネスお役立ちソフト

ドキュワークス(DocuWorks)とは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、ドキュワークス文書からPDF・JPEGの作成も可能である。

紙文書だとどんどん増える書類の山を整理しても、その書類をどこに保管したのか忘れてしまうことがありますが、ドキュワークスなら、紙文書をスキャニングして、電子文書として管理することが出来ます。電子文書は、検索機能で検索することが出来き効率よく必要な書類を探し出せます。また、電子文書とした後、電子文書の向きを回転したり、傾きを直したりできます。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス内の一覧表示がある。ページプレビューを表示ことにより、ドキュワークス文書を開かないで内容や情報を簡単に確認することが出来る。ページプレビューでは、選択したドキュワークス文書のサムネイルが拡大表示されるので、文書内容の確認が容易に出来るのである。
ドキュワークスの機能は、検索機能が充実している。文書名・日付での検索に加え、ドキュワークス文書内の文字列でも検索が可能である。アプリケーションデータを変換して作成したドキュワークス文書だけでなく、スキャニングしたドキュワークス文書もOCR処理によってテキストデータに出来ることにより、ドキュワークス文書内の文字列が検索対象になる。さらに、ドキュワークス文書だけでなくドキュワークス上のPDFファイルも全文検索できますので、ドキュワークス上でドキュワークス文書とPDF文書の一括検索が可能になりました。
ドキュワークスでは、用途に合わせたセキュリティを行える機能が豊富にあります。電子証明書/電子印鑑による電子署名をすることにより、本人が承認した事実を確保される。そのことで、ネットワーク上でのドキュワークス文書(電子文書)のやり取りが可能となります。電子署名は、署名本人の証明情報を入手し、署名を確認して署名が正しいことや、署名後にドキュワークス文書に改ざんがないか確認することが可能です。そして、複数の署名の場合、承認した順を分かるだけでなく、各人が署名した前後のドキュワークス文書を復元出来るので、承認者がどのような内容のドキュワークス文書に署名したかを確認することが可能なのである。
ドキュワークスを使うと言うことは、文書管理ソフトを使っていると言っても過言ではないでしょう。ドキュワークスは、PCで管理するものですから全てデータ = 電子文書なのです。そして、電子文書・・・難しいそうですが、ようはパソコンに入った写真だと思ってもらえればいいと思います。紙文書をデジカメで撮って、PCで管理する感じでドキュワークスは使えるのです。ですので、ドキュワークスを使うことは文書管理すると言ってもいいと思います。
ドキュワークスで、検索すると価格を気にしている人が多数います。ヤフー・Google 検索サイトで「ドキュワークス」と検索すると、「いくらぐらいするものなのか?」と質問している人が沢山います。富士ゼロックスのホームページに行けば定価15,200円と言うのは分かります。ですが、実際に富士ゼロックスで購入することは出来ないでしょう。そんな場合は、量販店に行くことをおススメいたします。まずは、定価から数%割引されて、その上 購入価格の数十%と言うポイントが付くのです。それを考えれば実際の購入価格は、定価よりかなり安くなると思います。実際、定価で購入しても機能・性能を考えれば安いものだと思います。


それでは、ドキュワークス6.2.2 日本語版 体験版 をダウンロードしてみよう。
   <em>ドキュワークス</em> ダウンロード
こちらから、ドキュワークス6.2.2 日本語版 体験版をダウンロード出来ますが、くれぐれも富士ゼロックスドキュワークスのHPから「使用承諾条件」を読んで同意してからダウンロードして下さいね。管理者は、ダウンロードに関しまして一切の責任を負いません。ドキュワークス6.2.2 日本語版 体験版は、インストール後60日間使用が出来ますので、ドキュワークスの購入参考にはなると思います。 RSS関連リンク 富士ゼロックス ドキュメントソフト DocuWorksとは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、DocuWorks文書からPDF・JPEGの作成も可能である。DocuWorksの特徴として、DocuWorks文書内のOCR & 検索がある。紙文書をスキャニングで作成したDocuWorks文書は、内蔵のDocuWorksのOCR機能により、文字情報を添加することが可能である。ページ全
2008/01/27

ビジネスソフト(ドキュワークス)

ドキュワークス(DocuWorks)とは、発売されてからの累計出荷数が200万ライセンスを越える文書管理ソフトである。ドキュワークスは、文書管理ソフトとしての地位を確立してきている。 またAdobe Acrobatに比べ紙を扱う感覚で操作できる点や、作成したデータのファイル容量が軽いのが特徴である。

ワードで文書を書いて、エクセルで表を作り、これにあわせて他のアプリケーションもみるみるうちに、パソコンはアイコンでいっぱいです。ドキュワークスなら、色々アプリケーションで作成されたデータを、ドキュワークスに取り込み1つのドキュワークス文書にして管理出来ます。また、ドキュワークス文書には、元のアプリケーションデータをオリジナルデータとして添付することが可能です。そして、色々な用紙サイズの文書を、指定した用紙サイズに拡大/縮小して統一された用紙サイズで印刷することが可能です。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス文書内のOCR & 検索がある。紙文書をスキャニングで作成したドキュワークス文書は、内蔵のドキュワークスのOCR機能により、文字情報を添加することが可能である。ページ全体はもちろん指定した範囲のみのOCR処理も出来るのである。そして、OCR処理したドキュワークス文書から文字情報をコピーし、ほかのアプリケーションで利用することも出来ます。また、スキャナーからの取り込み時に自動的にOCR機能を起動させたり、そのOCR結果をインフォビューに表示して、もとのドキュワークス文書を参照しながらOCR処理結果の修正を行なうことも簡単に出来ます。
ドキュワークスの機能は、検索機能が充実している。文書名・日付での検索に加え、ドキュワークス文書内の文字列でも検索が可能である。アプリケーションデータを変換して作成したドキュワークス文書だけでなく、スキャニングしたドキュワークス文書もOCR処理によってテキストデータに出来ることにより、ドキュワークス文書内の文字列が検索対象になる。さらに、ドキュワークス文書だけでなくドキュワークス上のPDFファイルも全文検索できますので、ドキュワークス上でドキュワークス文書とPDF文書の一括検索が可能になりました。
ドキュワークスでは、セキュリティ機能が沢山あり用途に合ったセキュリティ機能があります。「ドキュワークス電子印鑑」、「電子証明書」によるドキュワークスファイルへの電子署名が可能である。日付や名前を確認するのみで、署名が本人のものであるか、ドキュワークス電子印鑑を押した後に編集等がないか確認することが可能です。そのセキュリティ管理により報告書・稟議書の承認を電子文書で行える。署名する前後のドキュワークス文書の変更が記録されるので、ドキュワークス文書の改ざんなどの不正を回避出来ます。
ドキュワークスを使うと言うことは、文書管理をすると言うことと言ってもいいでしょう。社内・家庭にある紙文書を、全てドキュワークスに取り込んでしまえば紙での管理は不要になり全て電子文書として管理することが可能となるのです。そうすることにより、何より「置場の問題」「探す時の問題」が解決されます。置き場所は、PCの中ですので、図書館の文書を全て読み取ってもPC一台分の置場でいいのです。そして、探す時ですがドキュワークス文書にそれらしい名前を付けていれば探す時も楽々です。一度、ドキュワークスを使ってみてください。そのすばらしさが、分かると思いますよ
ドキュワークスの購入価格・購入場所を気にしている人が沢山います。「富士ゼロックスのドキュワークス」と言うのは分かります。富士ゼロックスのドキュワークスであるから「富士ゼロックス」に行けば購入できるかと言うと、購入できないでしょう。富士ゼロックス本社にお店はないでしょうからね。ドキュワークスは量販店に、売っています。そして、ポイントも付きますので 富士ゼロックスのホームページに記載されている15,200円よりは安く購入することが出来ると思います。


それでは、ドキュワークス6.2.2 日本語版 体験版 をダウンロードしてみよう。
ダウンロード先は、富士ゼロックスのドキュワークスのHPに行き、ドキュワークス6.2.2 日本語版 体験版をダウンロードして下さい。ドキュワークス6.2.2 日本語版 体験版は、インストール後60日間使用が出来ますので、ドキュワークスの購入参考にはなると思います。 RSS関連リンク ドキュワークス 格安 ドキュワークス(DocuWorks)とは、発売されてからの累計出荷数が200万ライセンスを越える文書管理ソフトである。ドキュワークスは、文書管理ソフトとしての地位を確立してきている。 またAdobe Acrobatに比べ紙を扱う感覚で操作できる点や、作成したデータのファイル容量が軽いのが特徴である。スキャニングして電子化しても、イメージデータのままではテキストデータを活用できません。ドキュワークスなら、スキャニングしたイメ