2016/09/14

平成28年1級建築施工管理技術検定 実地試験 傾向と対策

「平成28年(2016年)1級建築施工管理技士検定」の実地試験を受験します。

先日、「日本建設情報センター 講習会(2日間)」に参加してきました。

講習会の内容は、効率的な勉強方法を学ぶ場所・・・って感じでした。

講習会で準備されたテキストは下記の

1級建築施工管理技術検定実地試験問題解説集《平成28年版》

新品価格
¥3,672から
(2016/9/14 21:47時点)



一般財団法人地域開発研究所 1級建築施工管理技術検定実地試験問題解説集《平成28年版》

「過去問10年分」と「テキスト」が一緒になったような冊子になっておりますが、ページ数が500P以上とかなりの容量となっております。
その大容量内容の要点部分を、教えてくれます!!「ここ出ます!しっかり覚える様に・・・(^^」

そして・・・実地試験には、ある種出題傾向があるとのことです。

第1問:施工経験記述
今回は、「施工の合理化」について出題
参考過去問:平成25年、22年、19年 となっております。
※対策は、過去問を解き、その解答文を覚えるのみです。

第2問:仮設・安全
今回は、「安全点検事項」について出題
参考過去問:平成24年、20年 となっております。
※対策は、第1問と同じで過去問を解いて、その解答文を覚えるのみ。でも、何の安全点検が出題されるかが問題。「交流アース溶接機」については、問われるかな?

第3問:躯体施工
今回は、「適当な語句の記入」について出題
参考過去問:平成26年、24年、22年、20年、18年 となっております。
※対策は、過去問を解いて、出題分類を勉強する。
自分は「クレーン類(重機)」「地盤の異状現象」「杭の掘削工法」「溶接関係」「コンクリート関係」「鉄骨工事関係」結構ザックリとした感じで勉強します。

第4問:仕上げ施工
今回は、「留意事項の記述」について出題
参考過去問:平成26年、24年、22年、20年、18年 となっております。
※対策は、まったく出題分類が分かりませんし、作文問題です。ヤマをはって勉強するしかありません。万全の対策となるテキストを一通り読んで、留意事項を作文して覚えることとなり、かなりの勉強容量となります。

第5問:施工管理
今回も「バーチャート」について出題
参考過去問:全過去問となっております。
※対策は、過去問を解いて「各作業の連携」を覚えるしかないですね。過去問を数こなせば、施工管理について100点が取れると思います。

第6問:法規
今回も「建設業法」「労働安全衛生法」「建築基準法」について出題
参考過去問:全過去問となっております。
※対策は、過去問で出て来た文例を覚える。
 ⇒自分が作成した、出そうな法令文をアップしたいと思います。
2016/03/05

株式会社Teppen corporation の噂

2016.3.5
ファミレスで勉強していると面白そうな話が聞こえてきました。

聞こえて来たのは「・・・専従者給与で申請すれば、税金が減るよ。」的な内容で、税理士と知り合いの方の様でした。

専業主婦の奥さんを、専従者給与とすれば、節税出来ると言うことだと思いますが・・・税理士の先生って普通のお客にもそんなアドバイスをするのでしょうか?それとも、知り合いだったから、ちょっと違法でもアドバイスしたのでしょうか?

なんにしろ、そんなアドバイスをしてくれる税理士の先生・・・大好きです!!

話が変わって、家族の話をしていた所、娘が「宅建」の資格を持っていて無職とのことで・・・税理士の先生「資格の名義貸」を進めて来ました。

名義貸しの会社:株式会社Teppen corporation
不動産投資物件を専門に扱っている会社のようで、宅建を持っていた社員が辞めてしまったので、宅建資格保持者が必要だったようです。
報酬:30,000円/月
 ⇒相談して、40,000円/月 位になるかな?だって。

Yahoo!知恵袋:5万(2007年11月)
  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013552195
OKWAVE:3万(2006年10月)
  http://okwave.jp/qa/q2464933.html

なんて名義貸しの質問をネットでしている人がいるけど、勤め人だと「名義貸し」がバレてしまうようで「無職」でないとダメみたいです。
でも、選任の宅建者として登録しているのに、給料が支払われていないって大丈夫なのか?これまた、すぐにバレてしまうように思うんだけど、宅建専任者になっている人が、多くて管轄の国交省も調べられない?調べない?暗黙の了解?ってところなんじゃないかな。

ちなみに、名義貸しで処分された宅建業者さんはいないようです。

俺も、宅建の資格取得して、名義貸ししようっと(^^